子どものためが、親のため。

例えば、『スープの日』。
「お昼に温かいごはんだと、嬉しいよね。」
そんなことから始まりました。
朝のお弁当づくりがないので、私たち親も、正直少し助かります(笑)。先生、ありがとう。

親がリラックスしていると、子どもは嬉しい。
子どもが嬉しいと、親も嬉しい。
子どものためが、親のためになる。
この園にいると「先生の言葉は本当だなあ」と気づきます。

親も『疲弊しない』ことが大切ですよね。
子どもに穏やかに向き合えるので。
ここではいくつかの制度をご紹介します。

スープの日

月曜と金曜は『スープの日』です。
野菜の温かいとスープと、分づき米のごはんをいただきます。
『今日も、たっくさん、おかわりした!』と子どもたちも大喜び。
お弁当は必要ありません。毎日の朝も少し助けになりますね。

おにぎりの日

毎週ではないですが、木曜日は少し長めのお散歩に出かけます。
近くの山道をしっかり歩き、お昼は『おにぎり』をいただきます。
この日は大きめのおにぎりを一つ持参します。
自然の中で食べるおにぎりは格別です。

おひさまの日

金曜は『おひさま(年長)の日』です。
二学期から、降園後におひさまの子どもだけの時間を設けています。
子どもたちにとっては、少し誇らしげで、嬉しい特別な時間です。
人数も少なくなるので、先生との密な時間になります。
帰宅は15時30分です。

延長

普段は14時が帰宅の時間ですが、30分の延長が可能な日を設けています。
お仕事の都合や、やむを得ない事情がある場合、ご利用いただけます。